Кликните на картинку ниже, чтобы увидеть ее в полном размере

きもの処えりよし Страница в магазине

七五三 七歳筥迫(はこせこ)セット 桃色地に流水と桜模様

¥8,640 (80)

*Описание товара от продавца переведено автоматически. В некоторых случаях автоматический перевод может не дать четкого или точного описания, поэтому, пожалуйста, используйте его только в качестве ссылки при размещении ставок или заказов.

品質 当店にて検品済みの商品 素材 ●経糸 ○ポリエステルフィルム95% ○ナイロン5% ●緯糸 ○ポリエステル50% ○ポリエステルフィルム50% ●金属糸使用 ●生地 日本製 ●製造 中国 商品説明 やわらかい桃色の地に金糸をふんだんに使って、流水・籠目(かごめ(竹で編んだ籠の編目をそのまま文様にしたもの))・桜・菊などを織り込んだ生地を使っています。 金とパステル調の色合いが大変優しい印象ですので、いろいろなお着物に合わせやすいセットです。 内容は、草履・バッグ・帯締め(丸ぐけ)・筥迫・お扇子の五点です。 お子様の健やかな成長を願う七五三にピッタリです。 ◆筥迫(はこせこ)とは◆ 和服の礼装の際に用いる小物入れ。飾り紐が付いた箱状の装飾品で専用のびら簪(かんざし)を挿して胸元の合わせ目に差し込みます。 江戸時代の武家の婦人たちが身だしなみとして、懐紙・櫛・楊枝・小銭などを入れていたものが受け継がれています。 現在では七五三や結婚式の打掛でしか目にする事がない形式的なもので、中に何かを入れることは有りません。 お揃いの結び帯もございます。 こちらから→七五三 七歳結び帯 桃色地に流水と桜模様

品質 当店にて検品済みの商品 素材 ●経糸 ○ポリエステルフィルム95% ○ナイロン5% ●緯糸 ○ポリエステル50% ○ポリエステルフィルム50% ●金属糸使用 ●生地 日本製 ●製造 中国 商品説明 やわらかい桃色の地に金糸をふんだんに使って、流水・籠目(かごめ(竹で編んだ籠の編目をそのまま文様にしたもの))・桜・菊などを織り込んだ生地を使っています。 金とパステル調の色合いが大変優しい印象ですので、いろいろなお着物に合わせやすいセットです。 内容は、草履・バッグ・帯締め(丸ぐけ)・筥迫・お扇子の五点です。 お子様の健やかな成長を願う七五三にピッタリです。 ◆筥迫(はこせこ)とは◆ 和服の礼装の際に用いる小物入れ。飾り紐が付いた箱状の装飾品で専用のびら簪(かんざし)を挿して胸元の合わせ目に差し込みます。 江戸時代の武家の婦人たちが身だしなみとして、懐紙・櫛・楊枝・小銭などを入れていたものが受け継がれています。 現在では七五三や結婚式の打掛でしか目にする事がない形式的なもので、中に何かを入れることは有りません。 お揃いの結び帯もございます。 こちらから→七五三 七歳結び帯 桃色地に流水と桜模様

品質 当店にて検品済みの商品 素材 ●経糸 ○ポリエステルフィルム95% ○ナイロン5% ●緯糸 ○ポリエステル50% ○ポリエステルフィルム50% ●金属糸使用 ●生地 日本製 ●製造 中国 商品説明 やわらかい桃色の地に金糸をふんだんに使って、流水・籠目(かごめ(竹で編んだ籠の編目をそのまま文様にしたもの))・桜・菊などを織り込んだ生地を使っています。 金とパステル調の色合いが大変優しい印象ですので、いろいろなお着物に合わせやすいセットです。 内容は、草履・バッグ・帯締め(丸ぐけ)・筥迫・お扇子の五点です。 お子様の健やかな成長を願う七五三にピッタリです。 ◆筥迫(はこせこ)とは◆ 和服の礼装の際に用いる小物入れ。飾り紐が付いた箱状の装飾品で専用のびら簪(かんざし)を挿して胸元の合わせ目に差し込みます。 江戸時代の武家の婦人たちが身だしなみとして、懐紙・櫛・楊枝・小銭などを入れていたものが受け継がれています。 現在では七五三や結婚式の打掛でしか目にする事がない形式的なもので、中に何かを入れることは有りません。 お揃いの結び帯もございます。 こちらから→七五三 七歳結び帯 桃色地に流水と桜模様

品質 当店にて検品済みの商品 素材 ●経糸 ○ポリエステルフィルム95% ○ナイロン5% ●緯糸 ○ポリエステル50% ○ポリエステルフィルム50% ●金属糸使用 ●生地 日本製 ●製造 中国 商品説明 やわらかい桃色の地に金糸をふんだんに使って、流水・籠目(かごめ(竹で編んだ籠の編目をそのまま文様にしたもの))・桜・菊などを織り込んだ生地を使っています。 金とパステル調の色合いが大変優しい印象ですので、いろいろなお着物に合わせやすいセットです。 内容は、草履・バッグ・帯締め(丸ぐけ)・筥迫・お扇子の五点です。 お子様の健やかな成長を願う七五三にピッタリです。 ◆筥迫(はこせこ)とは◆ 和服の礼装の際に用いる小物入れ。飾り紐が付いた箱状の装飾品で専用のびら簪(かんざし)を挿して胸元の合わせ目に差し込みます。 江戸時代の武家の婦人たちが身だしなみとして、懐紙・櫛・楊枝・小銭などを入れていたものが受け継がれています。 現在では七五三や結婚式の打掛でしか目にする事がない形式的なもので、中に何かを入れることは有りません。 お揃いの結び帯もございます。 こちらから→七五三 七歳結び帯 桃色地に流水と桜模様